対人賠償保険,事故処理

示談交渉サービス

SAP、PAPの対人賠償保険は、保険会社が示談交渉のサービスを行います。

1.保険会社による示談交渉サービスの内容

保険会社がてん補責任を負う限度で、示談・調停・和解訴訟の手続きを行います。

被保険者の同意が必要となります。

2.示談交渉サービスを行わない場合

(1)明らかに保険会社が保険金を支払わない場合(免責事故)

(2)契約車両に自賠責保険(自賠責共済)がついていない場合

(3)損害賠償額が明らかに自賠責保険および任意保険の保険金額を超える場合

(4)損害賠償額が明らかに自賠責保険の支払額以内の場合

(5)被害者が保険会社と直接交渉することを了承しない場合

3.契約者(加害者)として要求されること

(1)被害者に誠意を尽くすこと

(2)見舞い、葬儀への列席

(3)ケースによっては被害者との面談および示談のときの同席

一括払制度

人身事故の場合、損害賠償額が確定すると、一括払い制度が導入される以前は、まず自賠責保険に請求手続きをし、自賠責保険で支払い、不足分について自動車保険で支払うことになっていました。

従って、自動車保険と自賠責保険に、それぞれ請求するという二重手間を余儀なくされていましたが、一括払い制度とは、その二重手間を省くための制度です。

1.一括払制度

一括払は、自動車保険(いわゆる任意保険)契約のある保険会社が、自賠責保険相当額および自動車保険金を一括して支払った(一括払保険金)のち、自賠責保険金相当額を自賠責保険に請求するものです。

この制度は、自賠責保険と任意保険をつける会社が同一でなくても、もちろんできますが、契約の確認迅速支払のためには、両方の保険が同一会社につけられている方が便利です。

2.一括払できない事案

つぎの事案については、原則として一括払は適用されません。

(1)対人賠償保険(任意保険)で免責となる事案

(2)損害賠償額が明らかに自賠責支払額内である事案

(1)については、被保険者に法律上の損害賠償責任のないことが明らかな場合(無責事故)と被保険者に法律上の損害賠償責任はあるが、約款および特約条項の免責事項に該当する場合(免責事故)とがあります。

(2)については、通常は、自賠責保険内の事故なのか、自賠責保険を超える事故なのかを事故受付時に判断することは困難であり、また、治療費・看護料など内払請求がでてくるので、一括払いによる内払がされているのが現状です。


Copyright(C) 2012 自動車事故と損害賠償保険 All Rights Reserved.