対人賠償保険

対人賠償保険

自動車の人身事故に対する賠償責任保険には、法律で加入を義務付けられている「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険・強制保険)」と任意に加入する「対人賠償保険(任意保険)」とがあります。

対人賠償保険は、自動車で他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任をおった場合、自賠責保険の支払額を超える部分について、保険金が支払われる、いわゆる上乗せ保険です。

ところで、最近の裁判例でも、1億円を上回る賠償額が認定されている通り、賠償額の高騰化は目を見張るものがあります。

しかし、自賠責保険の限度額は、死亡3000万円、後遺障害3000万円ー75万円、障害120万円と定められており、これだけではとても賠償責任を果たせず、自動車をもつ人は必ず任意保険に加入する必要があります。

もし自賠責保険のみで、その保険金額以上の賠償責任が生じた場合、加害者自身が窮地に追い込まれるのはもちろん、被害者も加害者の視力によっては、なかなか賠償金を払ってもらえないことになります。

たまに、「そうなったらそうなったで、しょうがない。自己破産でもするよ」と言う人がいますが、一般的な負債による債務と違い、損害賠償金による自己破産はできません。

すなわち、事故を起こして加害者となってしまえば、一生かけてでもその損害賠償金額を払い続ける必要があるということです。

月に直せばたった数千円程度の保険料をケチったばかりに、一生大きな負債と重い自責の念を抱えて生きていかなければならないことになります。

そうならないためにも、どれだけ任意保険、とくに対人賠償保険は絶対必須のものだということが、おわかりいただけると思います。

任意保険は、最終的には被害者保護の役割を果たしており、その社会的貢献度は多大なものだとも言えますね。


Copyright(C) 2012 自動車事故と損害賠償保険 All Rights Reserved.